更年期が30代から気になり始めた私が実践した、たった5つのこと

更年期って30代でもなるの?なんで???

 

 

最近、なぜか顔だけすごく汗をかく…

 

 

ちょっとしたことでイライラしてしまう…

 

 

何もないのに、落ち込んでしまう…

 

 

あんまり人に会いたくない…

 

 

食欲があまりない…

 

 

 

 

これって更年期障害?私まだ、30代なのに?

 

 

 

はいっ!

 

 

30代なのに、更年期っぽい症状が出てるけど

 

…これってなに?

 

 

 

こんな風に悩んでいる方が増えています。

 

というか、私がこんな悩みを抱えていたひとりです。

 

 

 

35歳を超えてから、どんどん疲れやすくなってきたし、たまった疲れが抜けないし、すぐにイライラするし…自分でも、これってなにかな?と思っていたんです。

 

 

ある日、いちばん仲が良い友達とお茶をしているときに、思い切って相談してみると…

 

 

 

 

「それってさ、更年期障害じゃない?」

 

 

と言われてしまい、すごくショックを受けました。

 

 

更年期障害って、自分の母親世代に起こることだと思っていたので、まさか30代の自分にその症状が出るとは考えてもいなかったんですよね。

 

それからというもの、急に体の不調を感じやすくなりました。

 

 

 

電車の中で、暑くもないのに気づいたら汗をかいていて恥ずかしい・・・

 

お休みの日にお買い物に行っても、急に動機がしてショッピングを楽しめない…

 

子供にイライラして、つい八つ当たりをしてしまう…

 

 

こんな風に、どんどん人前に出るのが億劫になっていったんです。

 

この頃は、本当になにをどうしたらいいのか、毎日悩んでいました。

 

 

 

だからまず、インターネットや本で更年期障害について徹底的に勉強したんです。

 

 

 

そして、更年期障害はその原因をきちんと理解して当たり前のことを押さえることが何よりも大事!だと認識しました。

 

 

今回、私が実践した更年期障害の症状をやわらげる方法をまとめました。同じように悩んでいる方がいたら、ぜひ試してもらいたいです!

当たり前に知っておいてほしい、更年期障害の基礎知識!

 

更年期障害になる原因はたくさんあります。

 

まずは、更年期障害について、3つの基礎知識をお話いたします。

 

  1. 更年期障害とは?
  2. 更年期障害の原因は?
  3. ストレスも、更年期障害の原因になる

 

 

 

更年期障害とは?

 

そもそも、更年期障害がどんなものか知っていますか?

 

 

閉経(生理が終わること)を挟んだ前後10年のことを、更年期と言います。

 

生理がはじまる時期がひとりひとり違うように、閉経の時期も異なりますが、日本女性の平均は50歳前後と言われているんです。

 

このため、更年期は45歳〜55歳に起こると一般的に考えられています。

 

 

 

しかし、最近では「若年性更年期」という言葉がささやかれるようになってきました。

 

 

最近では、30代後半〜40代前半の方でも更年期障害のような症状を感じる方が増えてきているんです。

 

これは、日々のストレスや無理なダイエット、睡眠不足などにより卵巣の機能が低下してしまい、女性ホルモンの分泌が乱れていることが原因です。

 

女性ホルモンの分泌が乱れると、体のほてり、めまい、気分の落ち込みなどの更年期障害に似た症状を感じます。

 

これを、「若年性更年期」といいます。

 

 

 

 

更年期障害の原因

 

 

更年期には、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」が深く関係があります。

 

 

エストロゲンは、初潮を迎える前から卵巣で分泌が始まり、30代中旬ころに分泌量のピークを迎えます。30代後半から卵巣の機能低下が始まり、エストロゲンの分泌量が少しずつ減っていき、40代半ばになると急激に減ります。

 

 

 

そうすると、45歳を過ぎたころから、脳が「エストロゲンを分泌せよ!」と体に命令しても、卵巣機能が低下していることによりうまくエストロゲンを分泌できない状態になります。

 

 

脳はさらに「エストロゲンを分泌せよ!」と命令し続けますが、体はエストロゲンを分泌できない…このため、脳が混乱し始めます。

 

 

この混乱が自立神経に伝わり、体のほてりや精神的なイライラ、疲れがとれないなど、「更年期障害」と呼ばれる体の不調があらわれるんです。

 

 

 

 

ストレスも、更年期障害の原因に

 

更年期障害が起きる原因は、エストロゲンの減少だけではなく日々のストレスも関係しています!

 

 

ストレスを感じると、それが脳に伝わり負荷を与えます。

 

そうすることで、脳から体の細部に出されている指示がいつも通り伝達することができなくなてしまうんです。

 

 

エストロゲン(女性ホルモン)が減少し、ただでさえ体の中のバランスを崩しているのに、ストレスによってさらにバランスを乱してしまいます。

 

 

 

 

 

「更年期障害かもしれない…」

 

自分でこんな風に思うことに抵抗がある方がいらっしゃるかもしれません。

 

でも、無理してがんばってしますと、体や心に負担をかて今以上に自分を苦しめてしまうことになります。

 

 

 

更年期障害は、ほとんどの女性に起こることです。

 

まずは、自分の体の中で今起こっていることをしっかりと理解し、更年期障害に対する正しい知識を持って、日々の生活の中でうまく向き合っていくことがポイントです。

私が実践した、更年期障害をうまく乗り切る5つのこと

これから、「更年期障害かな…?」と思い始めてから実践している、5つのことを紹介していきます。

 

今、更年期障害にと悩んでいる人には、最低限この辺は押さえておいてほしいです。

 

 

  1. 早寝早起きを心がける
  2. ウォーキングや水泳など、適度な運動を心がける
  3. ビタミンやたんぱく質など、食事で積極的に摂る
  4. 婦人科に行く
  5. サプリメントで、女性ホルモンの減少を穏やかに調整する

 

この5つについて、お話していきますね!

 

 

 

 

@早寝早起きを心がける

 

 

よくよく考えると、この頃ベットに入る時間が深夜1時過ぎが当たり前。気づくと、2時、3時になっていることも。

 

ベットに入ってもなかなか眠れないことや、ついついスマホのゲームに熱中していたこともありました。

 

 

でも、本やインターネットで更年期障害のことを調べていると、睡眠と女性ホルモンに深い関係があることがわかったんです!

 

 

 

女性ホルモンは、眠っている間に分泌されています。

 

睡眠不足になると、本来分泌される女性ホルモン量が分泌されず、体内の女性ホルモンの量が減ってしまうんです。

 

女性ホルモンの分泌は、眠ってから3時間後から始まります。少なくとも24時までにはベットに入って、質のいい睡眠を心がけることが大切です。

 

 

 

質のいい睡眠をするためには、自然な眠りを誘う「睡眠ホルモン」が大事!

 

 

「睡眠ホルモン」とも呼ばれている、メラトニン。

 

メラトニンには、自然な眠りに誘う効果が期待されています。

 

 

朝、太陽の光を浴びると体内時計がリセットされます。体内時計がリセットされると、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が止まります。体内時計をリセットしてから14時間〜16時間後に、体からの指令により、またメラトニンの分泌が始まります。

 

例えば、朝の7時に起きた場合、21時〜23時にメラニンの分泌が始まることになります。

 

 

メラトニンが分泌量は少しずつ多くなり、体の体温が少しずつ低下していき、自然と眠気を感じるようになるんです。

 

 

 

メラトニンの分泌は、光によって調整されます。

 

夜更かしをして深夜までテレビを見ていたり、ベットの中で遅くまでスマホの光を浴びていると、体内時計が乱れてしまいメラトニンの分泌が乱れてしまうんです。

 

 

早寝早起きをして体内時計を正確にすることで、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が正しくおこなわれれば、良質な睡眠を手にいれることができ、女性ホルモンの分泌量も正常になります。

 

 

 

 

睡眠ホルモンの存在を知ってからは、毎日23時にはベットに入るように心がけています。

 

そのおかげか、以前は毎日寝不足のような感覚でしたが、今では朝スッキリ目が覚めるようになって、夜も22時を過ぎると自然と眠くなるようになりました!

 

 

 

 

 

Aウォーキングや水泳など、適度な運動を心がける

 

 

今までは、運動らしい運動は全くしていなかったんです。

 

 

でも、適度な運動は、女性ホルモンや成長ホルモンなどの若返りホルモンを増やす効果がある!と、本に書いてあったので、毎日、ウォーキングやストレッチをできる範囲でするようになりました。

 

 

適度な運動は、筋肉や骨を丈夫にするだけではなく、心肺機能や免疫力を高める効果、ストレス解消、女性ホルモン・メラトニン・成長ホルモンなどの若返りホルモンを増やす効果が期待されています。

 

更年期を元気に過ごすためには、適度な運動が欠かせません!

 

しかし、無理に運動しすぎると、逆にストレスになってホルモン分泌量を減らすことになります。

 

 

ウォーキングやストレッチをするようになってからは、汗をかいて気持ちもスッキリするのでストレス解消にもつながっています♪

 

 

 

 

 

Bビタミンやたんぱく質など、食事で積極的に摂る

 

 

 

更年期障害の時に、特に気を付けたいのが食事です!

 

 

更年期の時は、自律神経やホルモンバランスの不調、血行不良を改善するために必要な栄養素が何かを知り、積極的に補うことが大切だ!とインターネットにも書いていたので、さっそく実践することに!

 

 

更年期の時に積極的に採りたい栄養素は、この5つです!覚えておいてくださいね!

 

  • ビタミンE…ホルモンバランスを整え、減少しがちなエストロゲンの分泌を進める
  • ビタミン…ストレスに対抗する力を作ってくれる
  • ビタミンB1、B12…自律神経のバランスを整える
  • タンパク質…筋肉を作るのに必要
  • 大豆イソフラボン…エストロゲンと同じ働きをする

 

 

まずは、普段の食事のときに、大豆イソフラボンが多く含まれている豆乳やお豆腐、納豆を使った料理をよく食べるようになりました。

 

お腹がすいたら、おやつ代わりにビタミンEが多く含まれるアーモンドや松の実を食べたり、ビタミンB12が多く含まれるレバーン食べる回数を増やしたり、ちょっとずつ意識をして毎日のメニューを考えるようになったんです。

 

 

更年期だからと言って、食事の内容をガラッと変える必要はありません。

 

少しだけ、お豆腐メニューを増やしてみたり野菜の量を増やすことを心がけてみましょう!

 

 

 

 

 

C婦人科に行く

 

 

更年期障害の症状がつらい場合は、ガマンせずに婦人科に行きましょう。

 

私も、一時期めまいがひどくて、婦人科を受診していました。婦人科に行く前は、まだ自分が更年期障害かどうか半信半疑だったんです。

 

 

婦人科に行ったときに、体内の血中ホルモンの数値を検査してもらって、更年期障害であることがわかったんです。

 

自分の中でも、めまいや体のだるさ、急に汗をかく症状の原因がわからなかったので、更年期障害という原因がわかったということに安心できました。

 

 

更年期障害と診断されてからは、症状をやわらげるための治療をしてもらえたんです。

 

 

お医者さんにしっかり診てもらうということだけでも、安心感が生まれました。

 

今、更年期の症状でツラい思いをしている方は、1度、婦人科を受診してみてくださいね!

 

 

 

 

 

Dサプリメントで、女性ホルモンの減少を穏やかに調整する

 

更年期用のサプリメントを飲んでいる方も、多いと思います。しかし、サプリメントを選ぶときには気を付けなければいけません。

 

安すぎるサプリメントを飲んだり、サプリメントに配合されている栄養素が良質ではない場合、更年期の症状が全く改善されない場合があります。

 

 

私も、サプリメントに配合されている成分など気にせずに、値段だけでサプリメントを選んでいたんです。

 

みんなも、サプリメントにはどんな成分が含まれているのか?そこに注意してサプリメントを選ぶのが大切ですよ。

 

 

 

更年期が気になり始めた30代の方に、私が最もオススメするサプリメントはコレ!

 

とにかく、このツラい更年期の症状をどうにかしたい!そんなことばかり考えていました。

 

 

そんな時に、年上の知人から「私、このサプリメント飲み始めてから楽になったよ〜!」と教えてもらった、「高麗美人」を買ってみることにしたんです。

 

調べてみたら、料金も安いし、30日間返品保証がついてるし、84万袋販売の実績もあるし、まぁいいかなって軽い気持ちで買ってみたんです。

 

 

ちなみに、こんな感じで届きました!

 

 

結果は・・・・

 

もう、びっくりするくらい体がスッキリしました!

 

このサプリメントは、本当におすすめですよ。

 

 

1日2粒、晩御飯のあとに飲んでいます。

 

最初は「本当に効くのかな?」と半信半疑でしたが、飲み始めて1週間くらいから体がスッキリするようになってきたんです。

 

 

※サプリメントは、こんなのです。

 

 

 

サプリメントを飲み始めてからは、朝すっきり起きられるようになったのと、イライラしたり気分が落ち込むことが少なくなって、元気に過ごせるようになりました。これにはビックリ!!

 

 

私的には、最近汗をかきやすくなった、気分が落ち込みやすくなった、ちょっとしたことにイライラしてしまうなどに悩んでいる方に断然オススメです!88%の方が定期購入を選んでいるという点も納得です。

 

 

希少価値の高い高級高麗人参をはじめ、98種類の栄養素がギュッと詰まっているんです!

 

開封後も、1粒でも残っていれば返品に対応してくれるのもうれしいですよね。

 

 

 

購入するときは、いつでも中止&お休みOKな定期コースがおすすめです。

 

毎回908円安くなります!プラス、特典ももらえちゃうので!

 

 

 

↓↓↓公式ページはコチラです。↓↓↓↓

 

初回限定送料無料!高麗美人はこちら!

 


私が意識的にやったことは、たったこれだけです…

 

「更年期障害かな…?」と思ったときはショックでしたが、それから大きく意識して実践した内容はこれだけのことです。

 

 

でも、体も気持ちもスッキリするようになったし、落ち込むことはなくなったし、今ではうまく更年期と付き合いながら生活できています!

 

 

最初は、運動とか早く寝ることとかがきつかったんですが、毎日続けると習慣化されてきたんです!

 

 

 

特に、ちょっとした運動は本当におすすめです。

 

運動やストレッチをしているときは、余計なことを考えなくてもいいのと、終わった後はスッキリ感を味わうことができますよ!

 

 

 

ここで最後の私からのアドバイスをいいます!

 

 

「30代だから、更年期になるはずはない!」そう思いたい気持ちは、すごくわかります。

 

まずは、更年期であることを自分自身で受け入れて、うまく更年期と付き合っていくこと!更年期は、女性のほとんどの方がなるものです。

 

 

今回紹介した最低限の5つのこと、試してみてくださいね!